「古の色に触れる 土の声 草の息」
「触れる」をテーマに
夏至の6月20.21日の2日間
大阪・八尾の古民家再生ギャラリー「茶吉庵」さんでイベントを開催します。

イベント内容
「触れるを感じる展示・WS・お芝居」
特設HPはこちら。詳細、申込みができます。
https://re-light-clors.webnode.jp/
出店者&参加アーティスト
ヤマツミワタツミ 小渕裕、大和絵奈
あるでばらん なかええみ

企画:ヤマツミワタツミ

■展示「土の声 草の息」
「土の声」染色家・小渕裕
「草の息」天然シルク薬効手染めのあるでばらん(中村俊一&ふみ)
摂津・住吉黄土と河内・埴生の赤土」コンセプト・ストーリーテラー 大和絵奈

・・

■WS「五感で触れる」
小渕裕「汚泥再生WS・夕焼け染」
あるでばらん「ながらのひだまりちくちく布ナプキン」
■芝居 野外ステージ
なかええみ「よろぼし〜手湯と草〜」
共演:ドラムサークル・どんちゃか村

詳しいプログラム・コンセプトは
HPhttps://re-light-clors.webnode.jp/

・・・
お断り:このたびの感染症対策により、展示もWS、ならびに公演も過密にならないような配慮の中で進めてまいります。また、公演がやむなく中止になる場合がございます。なお、代金のお支払いは「当日受付でのお支払い」になります。また「ご予約はキャンセルがいつでもできます」。ご不明な点がございましたら、ご連絡くださいます様、お願い申し上げます。また、中止の場合は、オンラインでの開催が予定されております(無料公開)。

■プログラム

1日目 6月20日(土) 13時 会場オープン

・14時から15時半 オープニングトーク学校「五感で触れる」をテーマに
あるでばらん俊さんを中心にヤマツミワタツミとのコラボトーク

・16時から
「ながらのひだまりちくちく布ナプキン」
ほっこりお茶を飲みながら、母が娘に何気ないお話の中で
伝える様な雰囲気の中の手仕事時間を
(布ナプキンはライナーにも変更できます)

その後、19時まで作品展や物販
作家さんとの時間をお楽しみ下さい。
なかええみさんも翌日の芝居の
リハーサルをされつつ会場に
いらっしゃいます。

・・・・・・・・・

2日目
6月21日 11時会場オープン

・13時から15時
小渕裕の古の色再生「汚泥再生ワークショップ・夕焼け染め生きている土のレクチャー」
大和絵奈のナビゲート摂津住吉黄土と河内埴生の赤土」河内磐船星田の地下300メートルから生まれた土のパワーを体感してください。

・16時から 野外スステージ
なかええみ芝居『よろぼし 〜手湯と草〜』
目を隠して演技する50分間の感覚世界!ご期待ください。

18時半 イベント終了

・・・・・・・
詳しくは
https://re-light-clors.webnode.jp/

・・・・・・・・・・・

■ヤマツミワタツミPresents
ヤマツミワタツミは
染め師小渕裕と企画大和絵奈の2人が
土と植物の染め物のブランドとして
2017年にスタートしましたが
身体表現パフォーマのなかええみさん
との出会いから、芸術と融合させる
表現、素材としての土や植物固有の
波動や歴史背景に着目し、
人と素材との出会いを通して
ワークショップやプロダクトに
留まらない活動を展開してきました。
作品展と芝居を中心に
あるでばらん・ヤマツミワタツミの
ワークショップと物販で
古の色の世界を目で見るだけでなく
皮膚で匂いで全ての感覚で
受け取って頂きたいとの思いで
構成しています。
現在の、新型コロナ感染症の対策に準じ、最大限の対策をしながらイベントを計画を含めて進めてまいります。進捗状況はここのイベントページでもお伝えしてまいりますので、ぜひ「興味ある」「参加する」を押してフォローして下さい。

   

シェアはこちら
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
;