「私の愛する八尾・河内展」恩智祭りも無事に終了し、残す開催日もあと一日となりました!🤲✨ 八尾・河内は奥が深く、まだまだ知らないことがたくさんあります!✨ こちらでは今回ご出展の八尾・河内を愛するアーティストの皆さんをご紹介いたします!😊✨

須飼秀和さんの作品(八尾市)


▲水彩画で、日本全国の郷土の風景を描いていらっしゃる須飼さん。今回ご出展いただいた22作品は八尾市のフリーペーパー「Yaomania(ヤオマニア)」の表紙に描き下ろされた様々な八尾市の風景作品です!🤲✨繊細なタッチで、素朴な水彩画が魅力的です!✨✨

河内物語さんの作品(河内全域)


▲お隣の八尾市高安を拠点に地域興しに取り組まれている河内物語さん。その範囲は八尾市に留まらず、河内地域全域に及びます!✨ 今回ご出展いただいた「河内のギフト」は全ての河内地域から選ばれた、河内の特産品のみを取り扱うギフトカードです!🤲✨

濱谷宗慎の作品(千早赤阪村)

▲当茶吉庵のギャラリーディレクションを担当する濱谷の作品。濱谷の出身地である千早赤阪村の四季を代表する祭りをテーマにした切り絵作品です。今回は切り絵を光と影でみせる方法でなく、切り上がった切り絵を台紙に貼り、和紙と絵の具で着色しています。

山田明輝子さんの作品(八尾市)


▲ご出身が東大阪市、在住が八尾市の山田さん。書の作品を制作されており、今回はご自分の故郷に対する想いをそのまま書で表現されました!🤲✨ 「次に書く時は素材も河内木綿を使ってはどうかな…?」とさらなる挑戦も考えていらっしゃいます😊 山田さんは月に一回、茶吉庵で筆文字のワークショップも開催されています!🤲

イエロー・ライン・プロジェクトさんの作品


▲柏原市で、河内木綿の研究をされているイエロー・ライン・プロジェクトさん。大阪教育大学の加藤可奈衛先生が代表となり、メンバーは学生さんから主婦の方まで幅広い年代の方々が参加。使用方法や表現など、河内木綿の学術的、芸術的研究に取り組まれています!✨
今回一番の衝撃作である河内木綿の種を使ったタワー!種についている繊維が絡み合うので、接着材などを使用しなくても型を使えば様々な形を作ることができ、何度でも使用が可能です!🤲✨


▲子供さんたちも夢中!☺️ いずれは未来のアーティストになるかもしれません!👨‍🎨

茶吉庵所蔵作品
茶吉庵の土間スペースでは、アーティストさんがこれまでに茶吉庵にご寄贈くださった作品、茶吉庵が購入した作品を展示しております。
《茶吉庵所蔵作品アーティスト》
・御歌頭さん
・木虎徹雄さん
・鈴木マヤ子さん
・高見哲史さん
・徳平薫さん
・豊下康次さん
・濱谷宗慎
・来恩寺さん

『私の愛する八尾・河内展』は毎年7月から8月、恩智祭りのある時期に開催いたします!😊 来年はどんな八尾・河内の作品が集まるのでしょうか?🤲✨

私の愛する八尾・河内展

◆出展作家◆
須飼秀和(八尾市)
イエロー・ライン・プロジェクト(柏原市)
河内物語(河内全域)
濱谷宗慎(千早赤阪村)
山田明輝子(八尾市)
茶吉庵 所蔵作品(八尾市)

◆開催日時
2019年7月30日(火) ~ 8月4日(日)
12:00 ~ 18:00まで
(最終日は16:00まで)
※入場無料

◆開催場所
茶吉庵ギャラリー
〒581-0883大阪府八尾市恩智中町3丁目-1
公共交通機関をご利用の場合は「JR環状線 鶴橋駅」から徒歩で「近鉄 鶴橋駅」へ。「近鉄大阪線」普通にて「恩智駅」下車。 徒歩8分。

◆お問合せ
Tel:072-943-7007
E-mail:info@chakichian.co.jp

◆備考
・近鉄大阪線「恩智駅」下車 徒歩8分。
・会場に駐車場はございません。お車でお越しの際は駅周辺のコインパーキングをご利用下さい。
・駐輪スペースは茶吉庵入口前と中庭になります。

   

シェアはこちら
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
;